かるた始め式2019【八坂神社】。かるた姫達の戦い!!

2018年12月2日

八坂神社のかるた始め式

八坂神社について

八坂神社では、1月にかるた始め式が行われます。
かるた姫達の熱戦を見る事が出来る行事です。

八坂神社は、京都市東山区にあります。
京都の初詣先として人気がある神社です。

八坂神社の始まりは、斉明天皇2年(656)になります。
この年に、素戔嗚尊を祀ったのが起源と伝わっています。

祇園精舎の守護神は、牛頭天王です。
素戔嗚尊は、その牛頭天王と一体視されていました。

長らく祇園社と呼ばれていましたが、慶応4年(1868)に八坂神社と改称します。

京都の三大祭りに1つである祇園祭の神社としても有名です。
また、大晦日にをけら詣りも行われます。

そんな八坂神社へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、京阪「祇園四条駅」になります。

最寄停留所から徒歩です。
8分ほど歩けば到着です。

駐車場も、完備しています。

今回は八坂神社の紅葉の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


八坂神社のかるた始め式の概要

八坂神社のかるた始め式の行われる日や時間です。

開催期間

開催(毎年):1月3日。

開始時間

開始時間:13時。

料金

拝観料金:無料。

開催場所

場所:八坂神社。

八坂神社のかるた始め式の見所

八坂神社では、1月のお正月にかるた始め式が行われます。
八坂神社のお正月の名物行事です。

八坂神社は、素戔嗚尊を祭神として祀っています。
素戔嗚尊は、和歌の始祖ともされる神様です。

その縁もあり、小倉百人一首を読み上げる競技かるたが行われています。
かるた始め式では、神前にかるたが奉納されます。

その後に、かるた競技の開始です。
このかるた競技が、この行事の見所となっています。

王朝装束に身を包んだ女性が、かるたを競い合う姿は、冬の寒さを吹き飛ばす熱い光景です。

かるた姫たちを一目見ようと、多くの人が八坂神社に訪れます。
そのため初詣だけが目当ての方は、午前中に参拝するのがオススメです。

八坂神社の拝観料金と拝観時間

八坂神社は、境内は無料です。

また、24時間参拝可能となっています。

八坂神社のアクセス

八坂神社へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩8分。

最寄駅:京阪「祇園四条」。

f:id:sarunokinobori:20181109190054j:plain
(八坂神社の周辺地図)