大原野神社の桜2019、見頃と開花状況。

2018年12月2日

大原野神社の千眼桜は、幻の桜

大原野神社について

大原野神社は、京都市西京区にあります。
千眼桜や染井吉野が咲く神社です。

祭神は、建御賀豆智命・伊波比主命。
そして、天之子八根命・比め大神の4柱になります。

比め大神の「め」が平仮名なのは、漢字変換出来なかったからです。

ご利益は、方除や政治、知恵や良縁。
訪れれば、一通りのご利益は授かります。

長岡京に、都が遷都された時の事です。
大原野の地で、桓武天皇は鷹狩りを楽しみました。

その時に、多く参加したのが藤原氏です。
藤原氏の人々は、大原野の美しい風景を気に入りました。

そして、氏神である奈良春日大社の分霊をうつし祀ります。
この事が、大原野神社の起こりです。

別名「京春日」とも呼ばれています。
紫式部が氏神と崇め、大原野の地を愛した事でも有名です。

そんな大原野神社へのアクセス方法は、電車とバスと徒歩です。
最寄駅は、JR「向日町駅」阪急「東向日駅」になります。

最寄駅から阪急バス「南春日町行き」に乗車。
「南春日町」下車、山へ向かって歩いて10分ほどで到着します。

駐車場はあります。
有料駐車場です。

今回は大原野神社の睡蓮の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


大原野神社の桜、見頃や開花情報

大原野神社には、大きく分けて2つの桜を見る事が出来ます。
千眼桜と染井吉野です。

f:id:sarunokinobori:20180608202619j:plain
染井吉野は、本殿の周りで見る事が出来ます。

千眼桜は、んぼりのような花房を持つ枝垂れ桜です
そして、幻の桜と言われています。

なぜ幻の桜なのでしょうか。
それは、満開の期間が、とても短いからです。

3日もすれば、花が散ってしまいます。
早い場合は、2日です。

千眼桜の「千眼」は、たくさんの目という意味です。
すなわち、多くの花が咲く桜です。

また、「千眼」とは、千の願いが叶う事。
満開の千眼桜に出会えたら、千の願いが叶うと伝わっています。

千眼桜の満開の写真を、見た事がある方は多いと思います。
しかし、写真では意味がありません。

ぜひ、直接大原野神社へ訪れて、自分の目で満開の千眼桜を見て下さい。
千の願いが、叶うかもしれませんよ。

千眼桜の見頃の時期は、4月上旬です。
染井吉野は、3月下旬から4月上旬になります。

大原野神社の拝観料金と拝観時間

大原野神社は、拝観料金は必要ありません。
拝観時間も、自由です。

大原野神社のアクセス

大原野神社へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

最寄駅:JR「向日町駅」阪急「東向日駅」。
最寄停留所:「南春日町」。

f:id:sarunokinobori:20180607210814j:plain
(大原野神社の周辺地図)

京都の神社, 京都の桜

Posted by 観光のコツ