勧修寺のあじさい、見頃と開花状況。

2018年12月2日

勧修寺のあじさい、見頃と開花情報

勧修寺について

勧修寺は、京都市山科区にある門跡寺院です。
真言宗山階派の大本山になります。

醍醐天皇が母である藤原胤子の菩提と弔うために創建したお寺で、醍醐天皇の勅願寺です。

皇室などの庇護を受け、一時は栄えました。
しかし、何度も戦火に遭い衰退します。

江戸時代に入り、徳川家や皇室の援助により再興します。
再興後、法親王が暮らす門跡寺院となりました。

京都の花の寺として、知る人ぞ知るお寺です。
庭園には、桜、藤、杜若、花菖蒲などが咲き誇ります。

観光客に知名度が低めなのでお寺なので、混雑はしません。
桜の時期でも、平日はゆったりと観賞出来ます。

そんな勧修寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、地下鉄東西線「小野駅」になります。

「小野駅」で下車。
徒歩6分で到着です。

駐車場は、あります。
参拝者は、無料で利用可能です。

今回は勧修寺の花菖蒲の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


勧修寺のアジサイ、見頃や開花情報

勧修寺は、京都の花のお寺です。
様々な花が、庭園や氷室池に咲きます。

桜、藤、杜若、花菖蒲、紫陽花。
どの花も、美しく庭園を彩り見応えがあります。

勧修寺の花の中でも、隠れた人気があるのがアジサイです。

f:id:sarunokinobori:20180614161728j:plain
(アジサイのイメージ)

勧修寺のアジサイは、宸殿の近くや苔庭に咲きます。
見頃の時期は、6月上旬から6月下旬です。

勧修寺のアジサイは、青系統のものばかりです。
それが逆に色を際立たせて、見応えるのある光景を作り出します。

統一した色彩のアジサイが見たい方は、勧修寺を訪れてみて下さい。

勧修寺の神苑の拝観料金と拝観時間

勧修寺は、拝観料金が必要なお寺です。
大人400円、小人200円(中学生まで)になります。

拝観時間は、9時から16時です。

勧修寺のアクセス

勧修寺へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩10分。
最寄停留所から徒歩3分。

最寄駅:地下鉄東西線「東山駅」。
最寄停留所:「岡崎公園 美術館・平安神宮前」。

f:id:sarunokinobori:20180613201344j:plain
(勧修寺の周辺地図)

スポンサーリンク