春の祇園白川の桜2019、今年も横入りされた話。

2019年の京都の桜の開花宣言が行われた後、祇園白川の桜を見に行きました。去年は、業者に占領されて無法地帯だった春の祇園白川。

桜の写真を撮影しようと思って並んで待っていたのに、いきなり横入りされたのは、懐かしい思い出です。今年は、どうなんでしょうか。

少しでもマシになっていたら良いなという思いとともに、春の祇園白川を訪れました。

スポンサーリンク

春の祇園白川2019

祇園白川の桜2019【体験レポ】

京阪電車「祇園四条駅」から歩いて、祇園白川へ向かいました。桜を見るためです。


今は見頃を迎えている祇園白川の桜も、私が訪れた時は、まだ見頃前でした。


それでも、西側の桜は5分~6分咲きぐらいだったので、まだ見応えがありました。しかし、ここである問題が発生します。

それは、以前から春の祇園白川で問題になっている結婚前撮り?の業者の事です。

実は、この写真と撮る少し前に、いきなり前に私の目の前に入って、写真を撮り始めました。

いやいや、それはないやろうという傍若無人ぶりです。別に記念写真や普通に写真を撮るのは、当たり前ですが全然問題ありません。

問題のなのは、いきなり横入りする事です。その業者がこの場所をお金を払って貸し切りにしているのなら、文句を言うのは私の筋違いです。

しかし、ここは誰も無料で桜を見て、、撮影出来る場所です。

そのような場所で、いきなり横入りをして、さらに一言もなく我が物顔で撮影をしだしたら、誰でも不愉快な気分になるのではないでしょうか。

さすがに注意しようと思ったのですが、どうやら話している言葉から外国の方と分かりました。

言葉が通じないのなら、苦情を言っても通じません。

今年も横入りされて何だかなぁ~という気持ちで、しばらく待つことにしました。そして、業者が立ち去った後に撮影したのが、上記の写真です。

一応業者の撮り方について注意する板が置かれていましたが、効果はあったのでしょうか。あってあれなら、以前はもっと酷かったのかもしれませんね。


気を取り直して、大和橋まで移動しました。その上から、桜を撮影します。

まだ蕾の状態のものが多かったです。


かくかくに碑前の桜の様子です。ここは、そこそこ桜が咲いていました。

この場所も、人気の撮影スポットとなっています。


辰巳大明神の前です。まだ、桜が咲いていませんでした。

多分ですが、現在は見頃を迎えていると思います。


巽橋の様子です。桜は咲き始めでした。

ここも、撮影スポットとして人気が高いです。


巽橋の上から1枚だけ撮影しました。桜はまだまだこれからでしたが、川の上なので、誰にも占領されないのが良い所です。

今年(2019年)から、春の祇園白川では、桜のライトアップが再開されました。

機会があれば、夜に訪れてみたいと思います。

ただ、朝から昼にかけては、もういいです。他の人は不愉快な事はなく十分桜を楽しめる場所と言うかもしれませんが、私は朝から昼にかけては、おすすめはしません。

来年も訪れると思いますが、もっと改善されていればよいなと思いました。

スポンサーリンク

京都の旅行記

Posted by 観光のコツ