鬼嶽稲荷神社「御朱印と御朱印帳」

2018年12月9日

鬼嶽稲荷神社は、御朱印を授与している神社です。しかし、御朱印帳の授与はありません。

「鬼嶽稲荷神社の御朱印は、どこで頂けるの?」「頂ける日は、どうやったら分かるの。」

そんな疑問に、お答えしたいと思います。

鬼嶽稲荷神社「御朱印・御朱印帳」

鬼嶽稲荷神社の御朱印の種類

鬼嶽稲荷神社の御朱印の種類です。

1.「鬼嶽稲荷神社」の御朱印
2.「記念事業」の御朱印

鬼嶽稲荷神社の御朱印の種類は、2種類あります。

「鬼嶽稲荷神社」の御朱印

右上に、鬼の顔の印が押されています。墨書きは、大江山鬼嶽稲荷神社です。

御朱印の料金は、300円です。書置きタイプとなります。

御朱印を頂く1つのポイントとして、ご利益があります。「鬼嶽稲荷神社」のご利益を調べたのですが、よく分かりませんでした。

雲海や鬼の洞窟が見所だとは、多くのブログやHPで書かれています。しかし、ご利益については、どこにも載っていませんでした。

酒呑童子祭も開催され、印も鬼なので、肝臓が強くなるご利益が得られるのかもしれません。

とりあえず、引き続き調査して、判明したら、ここの追記します。

「鬼嶽稲荷神社」の御朱印の画像や写真が見たい方は、下記に掲載されています。

⇒【御朱印の写真】

「記念事業」の御朱印

神社の本殿回廊と大鳥居の改修工事が完了した記念として、授与されたものです。限定御朱印は、酒呑童子祭の10月28日、11月3日、11月4日に授与されました。

今後限定の御朱印が授与されるかは、不明です。

鬼嶽稲荷神社の御朱印帳の種類

鬼嶽稲荷神社の御朱印帳は、ありません。

御朱印を授与している場所

鬼嶽稲荷神社の御朱印が頂ける場所は、社務所です。ただし、受付は週末中心に、月1回か2回程度となっています。

御朱印を頂きたい方は、事前に福知山観光協会大江支部へ連絡してから訪れるのが無難です。

鬼嶽稲荷神社について

鬼嶽稲荷神社の概要


(出典:じゃらんnet

鬼嶽稲荷神社は、京都府福知山市にあります。
正式名称は、大江山鬼獄稲荷神社です。

この神社の読み方は、「おおえやまおにたけいなりじんじゃ」です。

その名の通り神社がある場所は、大江山の森の中に位置してます。大江山は「森林浴の森日本100選」に選ばれた森の1つです。

森の中にあるのですが、鬼嶽稲荷神社まで車で行く事が出来ます。車で移動できるため、観光客や登山客に人気がある場所です。

また、雲海を見る絶好スポットして有名です。雲海は、10月から12月頃に見る事が出来ます。

トイレや休憩所も完備しているので、森の休憩所としても利用出来る場所となっています。

鬼嶽稲荷神社の拝観料金と拝観時間

鬼嶽稲荷神社は、拝観料金は必要ありません。誰でも参拝する事が出来ます。

拝観時間も、特に設けられていません。24時間いつでも参詣する事が可能です。

鬼嶽稲荷神社へのアクセス

鬼嶽稲荷神社へのアクセス方法。

最寄停留所から、徒歩1時間。

電車の駅:京都丹後鉄道「大江山口内宮駅」。
最寄停留所:「大江山の家停留所」。