本文へスキップ

小野梅園の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市山科区の名所 > 小野梅園の詳細と見所

小野梅園

小野梅園の基本情報

小野梅園
真言宗善通寺派の大本山。
弘法大師の八代目の弟子「仁海僧正」が正暦二年に創建した随心院の境内にある梅園。
遅咲きの紅梅が有名で、三月下旬にもなると園内は、気品ある紅梅の香りで埋め尽くされる。
三月の最終日曜日に行われる「はねず踊り」と共に親しまれているこの梅は、はねずの梅とも呼ばれている。
はねずとは、薄紅色の事を指す言葉である。

所在地
京都市山科区小野御霊町35
アクセス
市営地下鉄「小野駅」下車、徒歩6分
料金
梅園:400円
時間
9時〜16時30分
周辺の宿泊施設
京都駅前のホテル京都駅前の旅館
京都市山科区のホテル
関連ページ
関連ブログ記事

小野梅園の見所

小野梅園の紅梅

小野梅園の紅梅

小野梅園の白梅

小野梅園の白梅

小野梅園のピンク梅

小野梅園のピンク梅