本文へスキップ

転法輪寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 転法輪寺の詳細と見所

転法輪寺

転法輪寺の基本情報

転法輪寺
知恩院を総本山とする浄土宗の寺院。山号は獅子吼山。
宝暦八年に関通上人が、北野下ノ森に創建したと伝えられている。
その後、昭和四年にこの地へと移転した。

本尊の阿弥陀如来坐像は、高さ約7メートルもある巨大な仏像である。
創建時に桜町天皇の追福のために造られた。
逆に、本堂厨子内に安置されている阿弥陀如来立像は、約75センチメートルと本尊と比べてかなり小さい。

所在地
京都市右京区龍安寺山田町2
アクセス
嵐電「御室仁和寺駅」下車、徒歩10分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
嵯峨野・嵐山のホテル嵯峨野・嵐山の旅館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事