本文へスキップ

山王神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 山王神社の詳細と見所

山王神社

山王神社の基本情報

山王神社
大山咋神、玉依姫神、大己貴神を祀っている神社。
白川天皇の御代約九百余年前に滋賀県坂本の日吉山天大神を勧請したお社である。
縁結びや安産・子授けの神社として信仰を集めている。

境内にある男岩・女岩は、両方の石を撫でて、祈りながら周囲を3回まわると子供が授かると云われている。
また、親鸞上人が全国行脚をしていた時に座ったとされる岩「足跡石・座石」や水琴窟(大地主神)などがある。
水琴窟(大地主神)も存在するが、残念ながら非公開となっている。

所在地
京都市右京区山ノ内宮脇町5
アクセス
嵐電「山ノ内駅」下車、徒歩3分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
嵯峨野・嵐山のホテル嵯峨野・嵐山の旅館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
嵐電「山ノ内駅」周辺を散策

山王神社の見所

山王神社の水琴窟(大地主神)

山王神社の水琴窟(大地主神)

山王神社の社殿

山王神社の社殿

山王神社の足跡石・座石

山王神社の足跡石・座石