本文へスキップ

児神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 児神社の詳細と見所

児神社

児神社の基本情報

児神社
広沢池の南西のほとりに鎮座する神社。
創立された時期は不明、祭神は寛朝大僧正の侍児である。

寛朝大僧正は、徳は一世に及ぶものなしと言われた名僧正である。 長徳4年に亡くなった。
残された児は、僧正が亡くなった事に悲嘆して、広沢池に身を沈めて僧正の後を追った。
その事を知った近所の人達が、児の霊を慰めようと神社を創建、その神社を児神社と呼んだ。

所在地
京都市右京区嵯峨広沢町
アクセス
JR「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩17分
料金
時間
周辺の宿泊施設
嵯峨野・嵐山のホテル嵯峨野・嵐山の旅館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
児神社の由来

児神社の見所

児神社の本殿

児神社の本殿

子供が腰掛けていた石椅子

子供が座っていた石椅子

児神社の御神木

児神社の御神木