本文へスキップ

光縁寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市下京区の名所 > 光縁寺の詳細と見所

光縁寺

光縁寺の基本情報

光縁寺
慶長十八年に創建した浄土宗のお寺で、知恩院の末寺である。
本尊として阿弥陀如来像を祀っている。

新撰組に縁があるお寺で、境内には、隊士の山南敬助や松原忠司、田内知などのお墓がある。
拝観料は必要ないが、墓地の清掃に協力するために100円を収める必要がある。
観光ではなくお墓参りとして拝観が可能なので、境内では静かに参拝しなければならない。

所在地
京都市下京区綾小路通大宮西入四条大宮町37
アクセス
嵐電「四条大宮駅」阪急「大宮駅」下車、徒歩5分
料金
供養料:100円
時間
9時〜17時頃
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市下京区のホテル京都市下京区の旅館
関連ページ
壬生寺八木邸前川邸池田屋騒動之址
関連ブログ記事
光縁寺で山南敬助の冥福を祈る嵐電四条大宮駅から新撰組巡り