本文へスキップ

火除天満宮の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市下京区の名所 > 火除天満宮の詳細と見所

火除天満宮

火除天満宮の基本情報

火除天満宮
天正七年に一人の老神官が筑紫国の大宰府から菅原道真公の像を背負い入洛。
そして、六条通辺りに祀ったの始まりと言われている。
現在の場所には、慶長二年に創建された。

蛤御門の変で、南は七条・西は堀川・東は鴨川まで類焼した。
しかし、この辺りだけは火災を免れた。
その後も火難から幾度も救われたと伝えられている。
その事から学問の神とともに火除の神としても信仰を集めている。

所在地
京都府京都市下京区貞安前之町613
アクセス
京阪「祇園四条駅」下車、徒歩3分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
烏丸通・四条通のホテル烏丸通・四条通の旅館
京都市下京区のホテル京都市下京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
火除天満宮で火災予防