本文へスキップ

東本願寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市下京区の名所 > 東本願寺の詳細と見所

東本願寺

東本願寺の基本情報

東本願寺
真宗大谷派の本山で、正式名称は真宗本廟。
西本願寺と区別して、東本願寺と呼ばれている。

文久九年に親鸞のむすめ「覚信尼」が、東山大谷に仏道を建て親鸞の御影を安置したのが本願寺の始まり。
その後、徳川家康がこの土地を寄進し、第十二代教如が堂舎を建てて東本願寺が始まった。

親鸞の御影を安置している御影堂は阿弥陀堂よりも大きく造られている。

所在地
京都市下京区烏丸通七条上ル常葉町754番地
アクセス
JR「京都」駅下車、徒歩5分
料金
境内:無料
時間
9時〜17時頃
周辺の宿泊施設
京都駅前のホテル京都駅前の旅館
京都市下京区のホテル京都市下京区の旅館
関連ページ
東本願寺の桜
関連ブログ記事

東本願寺の見所

東本願寺の御影堂

東本願寺の御影堂

東本願寺の阿弥陀堂(修復中)

東本願寺の阿弥陀堂(修復中)

東本願寺の高廊下

東本願寺の高廊下