本文へスキップ

戸山流居合道発祥の碑の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市外の名所 > 戸山流居合道発祥の碑の詳細と見所

戸山流居合道発祥の碑

戸山流居合道発祥の碑の基本情報

戸山流居合道発祥の碑
京田辺の月読神社横に建っている戸山流居合道発祥の碑。
戸山流は、大正十四年陸軍戸山学校で始まる。
昭和十五年に、戸山学校森永清剣術科長が中心となり公布された居合が源流となった。
その後昭和三十九年に、田辺町健康村に在住した森永師によって居合道に昇華。
多くの人が学べる戸山流を確立し、普及した。
この碑は、戸山流の発展を願って建てられたものである。

所在地
京都府京田辺市大住
アクセス
京阪バス「JR松井山手駅」下車、徒歩20分
料金
時間
周辺の宿泊施設
宇治の旅館
宇治市の旅館
関連ページ
関連ブログ記事