本文へスキップ

松花堂庭園の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市外の名所 > 松花堂庭園の詳細と見所

松花堂庭園

松花堂庭園の基本情報

松花堂庭園
松花堂とは、寛永の三筆の一人「松花堂昭乗」が男山の山中に建てた小方丈の事をいう。
昭乗が建てた坊舎堂塔は、明治の排仏毀釈の際に全て取り払われ売却された。
泉坊書院・玄関は八幡女郎花の地に移築され、現在松花堂庭園として公開されている。
松花堂庭園内には、美術館、茶室、女郎花塚などあり見学できる。また、吉兆松花堂店も営業している。

所在地
京都府八幡市八幡女郎花43番地
アクセス
京阪電車「八幡市駅」から京阪バスへ乗車、「大芝・松花堂前」下車
料金
入園料:400円、美術館観覧料:400円
時間
9時〜17時
周辺の宿泊施設
関連ページ
関連ブログ記事