本文へスキップ

妙喜庵の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市外の名所 > 妙喜庵の詳細と見所

妙喜庵

妙喜庵の基本情報

妙喜庵
戦国時代の連歌師であり俳人の山崎宗鑑が隠居所として建立した。
その後、臨済宗の春獄禅司が寺にあらためる。
庵には、二棟の国指定文化財が存在する。
一つは、千利休が山崎合戦直後に建立した草庵風茶室の代表的な遺構の待庵。
もう一つは、室町末期の文明年間に建立されたといわれる書院である。
待庵は、数奇屋建築の根本と言われる建物で、後の茶屋に多大な影響を与えた。

所在地
京都府乙訓郡大山崎町大山崎小字龍光56
アクセス
JR「山崎駅」下車、すぐ横
料金
御志納金制
時間
希望の日の1ヶ月前くらいから往復はがきで受付
周辺の宿泊施設
関連ページ
関連ブログ記事