本文へスキップ

紫式部の像の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市外の名所 > 紫式部の像の詳細と見所

紫式部の像

紫式部の像の基本情報

紫式部の像
平安時代中期の女流作家にして歌人。
源氏物語54帖の作者として知られている。
幼少の頃より才女として有名で、数々の逸話がある。
999年頃に藤原宣孝と結婚したが、まもなく死別した。
その頃から源氏物語を書き始めたと言われている。
その後、一条天皇の中宮・彰子に女房として仕える。
この像は、源氏物語と縁のある宇治橋横に建立している。

所在地
宇治橋西詰
アクセス
京阪電車「宇治駅」下車、徒歩5分
料金
時間
周辺の宿泊施設
宇治の旅館
宇治市の旅館
関連ページ
関連ブログ記事