本文へスキップ

天津神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市外の名所 > 天津神社の詳細と見所

天津神社

天津神社の基本情報

天津神社
天禄年間に創建された京田辺市にある天津神社。
祭神は、天御中主尊と仁徳天皇。
同じく京田辺市にある月読神社が新宮と呼ばれていたため、天津神社は若宮・若宮八幡と呼ばれていた。
本殿は、東に面した一間社流造。
末社として水分神社が存在する。
十月十四日の宵宮には大住隼人舞が奉納される。

所在地
京都府京田辺市大住岡村62
アクセス
京阪バス「JR松井山手駅」乗車、「館」下車で徒歩6分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
関連ページ
月読神社(京田辺)隼人舞発祥の碑
関連ブログ記事