本文へスキップ

天龍寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 天龍寺の詳細と見所

天龍寺

天龍寺の基本情報

天龍寺
京都の世界遺産の一つで、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。
開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石。
暦応2年(1339)に崩御した後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石が足利尊氏に進言して創建した禅寺。
京都五山の一位として栄えた名刹である。
かつては広大な寺域であったが、幾度かの戦火により創建当時の建物は焼失していった。
応仁の乱以降は、平穏な時期を過ごしたが、幕末の禁門の変で戦火で大打撃を受ける事となる。
現在存在する伽藍の大部分は、明治以降に建てられたものである。

嵯峨嵐山に中で屈指の観光地であり、多くに人が訪れる。
特に国の特別名勝指定の曹源池庭園は、人気が高い。
紅葉に時期には、この庭の景色を一目見ようとする人達で混雑する。
混雑に耐えてでもこの時期の庭は、一見の価値があると思われる。

所在地
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
アクセス
嵐電「嵐山駅」から徒歩3分
料金
庭園:大人500円、小中学生300円・諸堂参拝:左記+100円
時間
8時30分〜17時30分頃まで
周辺の宿泊施設
嵯峨野・嵐山のホテル嵯峨野・嵐山の旅館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

天龍寺の見所

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中