本文へスキップ

龍安寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 龍安寺の詳細と見所

龍安寺

龍安寺の基本情報

龍安寺
京都の世界遺産の一つで、臨済宗妙心寺派の寺院、山号は大雲寺。
開基は細川勝元、開山は義天玄承で、本尊は釈迦如来。
1450年(宝徳2)に徳大寺家の別荘を細川勝元が譲り受け禅寺に改めたのが始まりである。
応仁の乱で焼失したが、1488年(長享2年)に細川政元と特芳禅傑によって再興された。

方丈南側にある枯山水庭園(史跡・特別名勝)は、虎の子渡し(※)の庭とも呼ばれる有名な石庭である。
(※虎の子渡しとは、二方を油土塀で囲み、東西30メートル、南北10メートル余りの長方形の白砂の庭に15個の石を5・2・3・2・3に配置したものを指す。)
15個の石は、1度に全て見る事ができないようになっている。
どの位置から庭の石を眺めても、必ず1個は他の石に隠れてしまう。

所在地
京都市右京区龍安寺御陵下町13
アクセス
嵐電「龍安寺道駅」から徒歩7分
料金
拝観料:大人500円、小中学生300円
時間
8時〜17時頃まで
周辺の宿泊施設
嵯峨野・嵐山のホテル嵯峨野・嵐山の旅館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

龍安寺の見所

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中

見所画像準備中