本文へスキップ

仁和寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市右京区の名所 > 仁和寺の詳細と見所

仁和寺

仁和寺の基本情報

仁和寺
京都の世界遺産の一つで、真言宗御室派総本山の寺院。
第58代光孝天皇が「西山御願寺」と称する寺の建立を発願したのが始まり。
光孝天皇が崩御した後に、第59代宇多天皇が仁和4年(888年)にその造営を完成。
先帝から受け継がれた「仁和」の年号をもって仁和寺(にんなじ)と呼ばれるようになる。

毎年春に咲く遅咲きの桜「御室桜」が有名で、この時期多くの観光客が訪れる。
江戸時代の文献にも花見の様子が書かれており、昔から仁和寺の桜が愛されていた事が伺える。

所在地
京都市右京区御室大内33
アクセス
嵐電「御室仁和寺駅」下車、徒歩3分
料金
御殿拝観料:500円
時間
9時〜16時30分頃まで
周辺の宿泊施設
仁和寺御室会館
京都市右京区のホテル京都市右京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

仁和寺の見所

仁和寺の五重塔

仁和寺の五重塔

金堂

金堂

重要文化財の観音堂

重要文化財の観音堂