本文へスキップ

清水寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市東山区の名所 > 清水寺の詳細と見所

清水寺

清水寺の基本情報

清水寺
京都の世界遺産の一つで、北法相宗派のお寺。
奈良時代末の宝亀9年(778)に開創、山号は音羽山。
延鎮上人が音羽の滝のほとりで草庵を結び、千手観音を彫刻して祀ったのが始まりと伝えられている。

音羽の滝は、金色水とも延命水とも呼ばれる霊泉で、わが国十大名水の筆頭にあげられる。
清水寺という寺名は、この霊泉に由来している。

京都を代表する名所だけあって、いつ訪れても人が多い。
特に人気が高いのが春の桜と秋の紅葉の季節である。
この時期の清水寺をのんびり見学したいのなら、早朝訪れるのがおススメである。

清水寺には七不思議も存在する。
七不思議といっても、七つ以上存在するのが特徴である。
1度清水寺を訪れた人も、探してみるとまた新しい発見がある。

所在地
京都市東山区清水1
アクセス
京阪「清水五条駅」から徒歩15分
料金
境内:大人300円・小中学生200円
時間
6時〜18時頃まで
周辺の宿泊施設
祇園・東山のホテル祇園・東山の旅館
京都市東山区のホテル京都市東山区の旅館
関連ページ
清水寺の桜
関連ブログ記事
清水寺の七不思議清水の舞台から飛び降りる

清水寺の見所

清水寺の狛犬

清水寺の狛犬

本堂と清水の舞台

本堂と清水の舞台

音羽の瀧

音羽の瀧