本文へスキップ

平安神宮の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市左京区の名所 > 平安神宮の詳細と見所

平安神宮

平安神宮の基本情報

平安神宮
1895(明治28)年に、平安遷都1100年を記念して第50代桓武天皇を祀る神社として創建される。
(平安京は794年に桓武天皇よってひらかれた。)
1940年に、平安京最後の天皇にあたる孝明天皇を増祀。

平安京大極殿の8分の5の大きさである丹塗りの拝殿を囲む神苑が存在する。
春は紅しだれ桜、初夏から秋口にかけては睡蓮などが楽しめる。
大鳥居は、昭和4年に建設された。

所在地
京都市左京区岡崎西天王町
アクセス
JR京都駅から市バス5・100系統に乗車、「京都会館美術館前」で下車
料金
境内無料、神苑拝観:600円
時間
8時30分〜17時30分頃
周辺の宿泊施設
岡崎・北白川のホテル岡崎・北白川の旅館
京都市左京区のホテル京都市左京区の旅館
関連ページ
平安神宮の桜
時代祭
関連ブログ記事

平安神宮の見所

屋根中央と四隅に望楼を設けた「蒼龍楼」

屋根中央と四隅に望楼を設けた「蒼龍楼」

白虎楼

白虎楼

大極殿(外拝殿)

大極殿(外拝殿)