本文へスキップ

二条城の桜の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都の桜 > 二条城の桜の詳細と見所

二条城の桜

二条城の桜の基本情報

二条城の桜
慶長8年に、徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛の時の宿泊所として造営。
その後、三代将軍家光によって、伏見城の遺構が移された。そして、寛永3年に完成した。
城内には、二の丸庭園・本丸庭園・清流園などの庭があり、訪れる人はその美しい庭を楽しんでいる。
また、城内のいたる所に桜が植えられている。その数は約380本・50品種。桜の時期には、多くの人が訪れる。

所在地
京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
アクセス
JR京都駅から市バス9・50・101系統に乗車、「二条城前」で下車
料金
一般:600円、中・高校生:350円、小学生:200円
時間
8時45分〜16時
周辺の宿泊施設
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
二条城
関連ブログ記事

二条城の桜の見所

二条城の桜

二条城の桜

香雲亭と桜

香雲亭と桜

陽の中の桜

陽の中の桜