本文へスキップ

八木邸の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 八木邸の詳細と見所

八木邸

八木邸の基本情報

八木邸
新撰組の屯所があった場所。
文久三年に、第十四代将軍徳川家茂の上洛警護のため、清河八郎率いる浪士組が京に入った。
その時に、彼らの宿舎の一つとして使用された。
清河ら浪士組は、在京二十日余りで江戸に戻っていった。
しかし、芹沢鴨・新見錦・近藤勇・土方歳三らは、京都警備のために残留。
屋敷に新撰組屯所の標札を掲げ、京都の町を跋扈した。

所在地
京都市中京区坊城通り綾小路下ル
アクセス
阪急京都線「大宮駅」、京福電鉄嵐山線「四条大宮駅」より徒歩8分
料金
拝観料:1,000円(お抹茶京・菓子付き)
時間
9時〜17時
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
壬生寺前川邸光縁寺池田屋騒動之址
関連ブログ記事