本文へスキップ

三条大橋擬宝珠刀傷跡の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 三条大橋擬宝珠刀傷跡の詳細と見所

三条大橋擬宝珠刀傷跡

三条大橋擬宝珠刀傷跡の基本情報

三条大橋擬宝珠刀傷跡
東海道五十三次の終点で、鴨川に架かる三条大橋。
その三条大橋の西側から二つ目の南北擬宝珠に、刀傷がある。
この刀傷は、池田屋騒動の時につけられたものではないかと言われている。
多くの人達が、刀傷に触れているため変色している。
そのため刀傷を探す場合、擬宝珠についてる傷で、変色している傷を探すと発見しやすい。

所在地
京都府京都市中京区中島町
アクセス
京阪三条駅下車、徒歩3分
料金
時間
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
撫で石弥次喜多像
関連ブログ記事