本文へスキップ

御金神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 御金神社の詳細と見所

御金神社

御金神社の基本情報

御金神社
京都市中京区にある金山毘古を祀っている神社。
金山毘古は、伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の子にあたる。
剣や刀、鉄の農具に使う金属を司る神様である。

しかし、神社周辺の金属や通貨を扱う商人達がお参りする事が多くなった。
そして、いつしかお金の神として信仰を集めるようになった。
境内には、株や賭け事・宝くじ当選など、お金に関する願い事の絵馬が多数奉納されている。

所在地
京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地
アクセス
JR京都駅から市バス9系統に乗車、「堀川御池」で下車、徒歩10分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
二条城・御所のホテル二条城・御所の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

御金神社の見所

狛犬と金の文字が輝く石灯籠

狛犬と金の文字が輝く石灯籠

御金神社の拝殿

御金神社の拝殿

御金神社の境内

御金神社の境内