本文へスキップ

桂小五郎像の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 桂小五郎の詳細と見所

桂小五郎

桂小五郎の基本情報

桂小五郎
天保4年の6月に、長州藩医の和田昌景の長男として萩に生まれ、8歳の時に桂九郎兵衛の養子となる。
17歳の時に吉田松陰と出会い、尊王思想に傾倒する。
江戸で剣を極めるが、その剣が血に染まる事はなかった。
蛤御門の変で京を追われた後は、但馬出石に潜伏。
慶応2年に、長州藩代表として薩長同盟を成立させた。
写真は、ホテルオークラ北西の角にある桂小五郎像。

所在地
京都市中京区河原町通御池上ル
アクセス
地下鉄京都市役所前下車、徒歩1分
料金
時間
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
桂小五郎幾松寓居趾長州藩邸跡蛤御門
関連ブログ記事