本文へスキップ

桂小五郎幾松寓居趾の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 桂小五郎幾松寓居趾の詳細と見所

桂小五郎幾松寓居趾

桂小五郎幾松寓居趾の基本情報

桂小五郎幾松寓居趾
木戸孝允(桂小五郎)の妻。
天保十四年に生まれる。9歳で舞妓となり、14歳のときに京三本木で芸妓となった。
桂小五郎と恋仲になったのは、文久元年頃と伝えられている。
幕府軍の情報収集などをして桂小五郎を陰で支え続ける。
新撰組に連行され、自白を強要された際も、一切口を割る事はなかった逸話は有名。
写真は、幾松が桂小五郎とともに過ごした場所。

所在地
京都市中京区木屋町通御池上る東側
アクセス
地下鉄京都市役所前下車、徒歩6分
料金
時間
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
桂小五郎長州藩邸跡蛤御門
関連ブログ記事