本文へスキップ

御所八幡宮の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市中京区の名所 > 御所八幡宮の詳細と見所

御所八幡宮

御所八幡宮の基本情報

御所八幡宮
応神天皇、神功皇后、比売神の三神を祀っている神社。
もともとこの神社は、御池通堺町西南角御所八幡町に建っていた。
しかし、戦争中の強制疎開で現在の地に移された。

足利尊氏が、邸内の守護神として勧請したと伝えられる事から御所八幡宮と呼ばれるようになった。
また、尊氏の法名から等持寺八幡、高倉八幡とも呼ばれる。
安産と幼児の守り神として、多くの信仰を集めている。

所在地
京都市中京区高倉通御池東亀甲屋町594‐1
アクセス
地下鉄烏丸御池駅下車、徒歩4分
料金
時間
周辺の宿泊施設
河原町周辺のホテル河原町周辺の旅館
京都市中京区のホテル京都市中京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事