本文へスキップ

六孫王神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市南区の名所 > 六孫王神社の詳細と見所

六孫王神社

六孫王神社の基本情報

六孫王神社
源氏三神社の一つで、六孫王源経基(※)を祀っている神社。
経基の邸宅があったこの場所に、その子供である源満仲が応和年間に社殿を建立した。
一時期は頽廃したが、元禄十三年に遍照心院の南谷上人によって再建される。
本殿背後の石の基壇には、経基の遺骸が納められており神廟と呼ばれている。

(※経基は清和天皇の第六皇子貞純親王の子であり、天皇の孫である。
このことから「六孫王」と呼ばれた人物である。)

境内北の弁天堂内には満仲の誕生水がある。
この水は、京都名水の一つに数えられている。

所在地
京都府京都市南区壬生川通八条角
アクセス
市バス17系統「六孫王神社前」より徒歩1分
料金
境内:無料
時間
8時〜17時頃
周辺の宿泊施設
京都駅前のホテル京都駅前の旅館
京都市南区のホテル京都市南区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

六孫王神社の見所

六孫王神社の鳥居

六孫王神社の鳥居

六孫王神社の参道

六孫王神社の参道

六孫王神社の本殿

六孫王神社の本殿