本文へスキップ

等持院の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市北区の名所 > 等持院の詳細と見所

等持院

等持院の基本情報

等持院
臨済宗天龍寺派の寺院で、山号は万年山。
もと仁和寺の一院であったが、暦応四年に足利尊氏が夢窓国師を開山として中興。
足利氏の菩提寺である等持院の別院となった。
その後、足利尊氏が亡くなりこの寺に葬られると、法名をとって等持院と改め、本寺と統合した。

長禄年間以来、しばしば火災にあって荒廃した。
そのため現在の建物は江戸時代の文政年間に建立されたものである。

境内には、足利尊氏の墓と伝えられる高さ五尺の宝筺印塔。
夢窓国師の作庭と伝えられる心字池と芙蓉池を中心とした池泉回遊式庭園。
足利義政好みの茶室清蓮亭などがある。

所在地
京都市北区等持院北町63
アクセス
嵐電「等持院駅」下車、5分
料金
境内:500円
時間
8時〜17時頃
周辺の宿泊施設
北山・宝ヶ池のホテル北山・宝ヶ池の旅館
京都市北区のホテル京都市北区の旅館
関連ページ
足利尊氏
関連ブログ記事

等持院の見所

夢窓国師の名作の一つ「池泉回遊式庭園」

夢窓国師の名作の一つ「池泉回遊式庭園」

等持院の灯篭

等持院の灯篭

足利尊氏公之墓

足利尊氏公之墓