本文へスキップ

今宮神社の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市北区の名所 > 今宮神社の詳細と見所

今宮神社

今宮神社の基本情報

今宮神社
正暦五年に船岡の上に創立されたと伝えられている神社。
大己貴命・事代主命・奇稲田姫命の三柱を祀っている。
長保三年に、一条天皇が神慮を諌め奉って悪疫退散を祈った紫野御霊会が行われた。
その時に、大己貴命・事代主命・奇稲田姫命の三柱が現地に勧請された。

本殿は、明治三十五年の再建であり、その西には本社が鎮座される以前から疫神社がある。
疫神社には、素戔嗚尊が祀らている。
今宮という名は、この疫神社に対して新しい宮を意味する名称である。

四月第二日曜には、奇祭「安良居祭」が行われる。
京都の奇祭の一つで、桜の開花の頃に行う病鎮めの祭事である。

所在地
京都市北区紫野今宮町21
アクセス
JR京都駅から市バス205・206番「船岡山」下車、北へ徒歩7分
料金
境内:無料
時間
周辺の宿泊施設
北山・宝ヶ池のホテル北山・宝ヶ池の旅館
京都市北区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
今宮神社の阿呆賢(あほかしさん)

今宮神社の見所

今宮神社の拝殿

今宮神社の拝殿

今宮神社の本社

今宮神社の本社

今宮の奇石、阿呆賢(あほかしさん)

今宮の奇石、阿呆賢(あほかしさん)