本文へスキップ

圓成寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市北区の名所 > 圓成寺の詳細と見所

圓成寺

圓成寺の基本情報

圓成寺
日蓮宗の寺院で、正式名称「清雲山圓成寺」。
もとはこの場所に皇城北方鎮護の寺があり、平安京総鎮守の「妙見大菩薩」が祀られていた。
中世には廃れていたが、寛永の頃に本山本満寺二十一世圓成院日任上人が、一条家の懇情により復興。
この地に法華勧請し、日本第一の妙見霊場とした。

本殿背後の古墳状の石窟造りの「岩戸妙見宮」には、六尺余の岩戸妙見大菩薩が鎮座している。
毎月1日と15日のご縁日が開帳日で、諸願成就のご祈祷が行われている。

また、境内には痔の神様が祀られており、痔で悩む人々もここを訪れる。

紅葉が綺麗な事で有名だが、境内撮影禁止なので注意が必要である。

所在地
京都市北区鷹峯北鷹峯町24
アクセス
京都市バス「鷹峯源光庵前」下車、徒歩3分
料金
境内:無料(お賽銭をご志納)
時間
8時〜17時頃
周辺の宿泊施設
北山・宝ヶ池のホテル北山・宝ヶ池の旅館
京都市北区のホテル京都市北区の旅館
関連ページ
圓成寺の紅葉
関連ブログ記事
圓成寺の紅葉(2010年)圓成寺の境内に祀られている痔の神様