本文へスキップ

北野天満宮の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市上京区の名所 > 北野天満宮の詳細と見所

北野天満宮

北野天満宮の基本情報

北野天満宮
天暦元年(946年)に創建された神社。
学問の神さまとして崇拝されている菅原道真公を祀っている。
地域の人々から北野の天神さんと呼ばれ親しまれている。

豊臣秀頼が造営した本殿(国宝)は、権現造の代表的な建築物である。
他にも、豊富な彫刻の中に日月星があるために三光門と呼ばれている中門がある。
門には後西天皇筆の勅願「天満宮」が掲げられている。
宝物として、紙本着色北野天神縁起(国宝)など貴重な文化財を所蔵している。

毎年2月25日には梅花祭・10月4日には瑞饋祭が行われる。
また、毎月25日の道真公の命日には、多くの参拝者が訪れる。

所在地
京都市上京区馬喰町
アクセス
JR京都駅から市バス203系統に乗車、「北野天満宮前」下車
料金
境内:無料
時間
5時〜18時頃
周辺の宿泊施設
二条城・御所のホテル二条城・御所の旅館
京都市上京区のホテル京都市上京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
北野天満宮の三光門北野天満宮三大名物って何?

北野天満宮の見所

重要文化財の三光門

重要文化財の三光門

国宝の本殿

国宝の本殿

絵馬所

絵馬所