本文へスキップ

阿弥陀寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市上京区の名所 > 阿弥陀寺の詳細と見所

阿弥陀寺

阿弥陀寺の基本情報

阿弥陀寺
浄土宗に属するお寺で、山号は蓮台山。
本尊は丈六の阿弥陀如来である。
天文年間に清玉上人によって開創。
かつては、西ノ京蓮台野芝薬師西町に八町四方の境内と塔頭を構えた。
天正15年に現在のこの地へと移ってきた。

正親町天皇が清玉上人に深く帰依していた事から、この寺は勅願所とされた。
また、東大寺大仏殿の勧進職も命じられた。

清玉上人は織田家との深い親交があったため、本能寺へとかけつけた。
そして、亡くなった織田信長・信忠父子らの遺骸を寺に埋葬したと伝えられている。
本堂には、織田信長・信忠父子の木像が安置され、墓地には信長・信忠の墓がある。
また、儒者皆川淇園や俳人蝶夢の墓も存在する。

所在地
京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町14
アクセス
京阪電車「出町柳駅」下車、徒歩9分
料金
境内:無料
時間
9時〜16時頃
周辺の宿泊施設
二条城・御所のホテル二条城・御所の旅館
京都市上京区のホテル京都市上京区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
織田信長のお墓がある京都のお寺