二宮忠八

HOME > 京都の歴史・人物 > 二宮忠八

二宮忠八の基本情報

る二宮忠八が創建した飛行神社

飛行機の先駆的研究者。 伊予国八幡浜浦矢野町出身。
明治二十四年に、ゴム動力プロペラ式飛行器の飛行実験に成功し、軍に実用化への申請を試みるが却下。 その後、製薬会社へ入り開発を進めるが、ライト兄弟が先に有人飛行に成功。それ原因となり、開発から退く。 晩年、飛行機発達にともなう事故に心痛めた二宮は、事故で亡くなった人達を弔うため飛行神社を創建、神主となった。

場所・アクセス方法

【場所】

【アクセス】

【料金】

【時間】

関連ページ

二宮忠八

京都の宿泊情報

京都の旅行情報