本文へスキップ

養源院の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市東山区の名所 > 養源院の詳細と見所

養源院

養源院の基本情報

養源院
文禄三年に政伯法院を開山として、豊臣秀吉の側室淀殿が父の浅井長政の追善のために建立した寺。
浅井長政の法号から「養源院」を寺号とした。
建立後すぐに火災に遭うが、淀殿の妹崇源院(徳川秀忠の妻)が本堂を再建し、以来、徳川家の菩提所となる。
鳥居元忠以下の武士が自刃した時の廊下の板を天井に上げ、その霊を弔った、俗に血天井と呼ばれる天井がある。

所在地
京都市東山区三十三間堂廻り町
アクセス
京阪「七条」駅から徒歩10分
料金
拝観料:500円
時間
9時〜16時
周辺の宿泊施設
祇園・東山のホテル祇園・東山の旅館
京都市東山区のホテル京都市東山区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事