本文へスキップ

安井金比羅宮の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市東山区の名所 > 安井金比羅宮の詳細と見所

安井金比羅宮

安井金比羅宮の基本情報

安井金比羅宮
治承元年、大円法師が藤寺観音堂に参拝した際、崇徳上皇の霊が現れた。
その事を後白河法皇に伝えた所、詔によって建治年間に光明院観勝寺が建立されたのが起こり。
祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮で全ての欲望を断って参籠した。
その事から悪い縁を切って良縁を結ぶ神社として信仰を集めるようになった。
境内の縁切り縁結び碑には、悪い縁を断ち切ろうと多くの人達が形代を張っている。

所在地
京都市東山区東大路松原上ル下弁天町7
アクセス
京阪「祇園四条駅」下車、徒歩10分
料金
境内:無料
時間
10時〜16時(ガラス館、絵馬館)
周辺の宿泊施設
祇園・東山のホテル祇園・東山の旅館
京都市東山区のホテル京都市東山区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

安井金比羅宮の見所

手前が拝殿、奥にあるのが本殿

手前が拝殿、奥にあるのが本殿

境内にある縁切り縁結び碑

境内にある縁切り縁結び碑

安井金比羅宮の境内

安井金比羅宮の境内