本文へスキップ

八坂の塔(法観寺)の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市東山区の名所 > 八坂の塔(法観寺)の詳細と見所

八坂の塔(法観寺)

八坂の塔(法観寺)の基本情報

八坂の塔(法観寺)
飛鳥時代に聖徳太子が創建。
現在境内に残されているのは、塔と薬師堂・太子堂のみ。
その中の五重塔は、八坂の塔で親しまれる東山のシンボル的存在で内部も拝観が可能。
大日、釈迦、阿しゅく、宝生、阿弥陀の五如来坐像が祭られる須弥壇。
中央に心柱を通した塔の内部構造も拝観する事ができる。

所在地
京都市東山区八坂の塔(法観寺)廻町657
アクセス
JR京都駅から市バス206系統に乗車、「東山安井」下車
料金
拝観:400円
時間
10時〜16時
周辺の宿泊施設
祇園・東山のホテル祇園・東山の旅館
京都市東山区のホテル京都市東山区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事

八坂の塔(法観寺)の見所

八坂の塔の外観その1

八坂の塔の外観その1

八坂の塔の外観その2

八坂の塔の外観その2

八坂の塔の外観その3

八坂の塔の外観その3