本文へスキップ

法住寺の詳細と見所

京都ホテルトラベル > 京都市東山区の名所 > 法住寺の詳細と見所

法住寺

法住寺の基本情報

法住寺
藤原為光が妻と娘を弔うために創建したお寺。
その後、後白河上皇の院御所として法住寺殿と呼ばれる。
法住寺殿は、木曾義仲によって焼き討ちにされるが、その時に上皇の身代わりとなったのが不動明王であった。
本尊の「身代わり不動明王」は身代わりさんとして親しまれ、赤穂義士の大石内蔵助も討ち入り前に参拝した。
赤穂浪士四十七義士の木像も寺内に安置されている。

所在地
京都市東山区三十三間堂廻り町655
アクセス
京阪「七条」駅から徒歩13分
料金
境内:無料
時間
9時〜17時
周辺の宿泊施設
祇園・東山のホテル祇園・東山の旅館
京都市東山区のホテル京都市東山区の旅館
関連ページ
関連ブログ記事
法住寺の身代わり不動尊像