清水寺の七不思議。



世界遺産にも登録されている清水寺。
京都で最も多くの観光客が訪れる場所でもあります。
そんな清水寺に、七不思議が存在しているのをご存知でしょうか?

清水寺の七不思議

其の壱:阿阿の狛犬
一方が口を開け、もう一方が口を閉めている、阿吽の狛犬が一般的です。
しかし、清水寺の狛犬は、両方とも口を開けた阿阿となっています。

其の弐:反対側に音が伝わる仁王門
仁王門の右端の腰貫に、くぼんで磨り減ってる箇所があります。
ここを指でトントンと叩くと、反対側から音が聞こえてきます。
多くの方が試しているので、本当にがっつりとくぼんでいますよ。

其の三:三重塔の龍瓦
三重塔の四方角についてる鬼瓦。
しかし、東南の瓦は、鬼瓦ではなく龍瓦になっています。
これは防火のおまじないではないかと言われています。

其の四:岸駒の燈篭
西門下の広場に、岸駒作の虎の図の石燈篭があります。
虎の図は「八方睨みの虎」と言われ、どの方向から見ても目が合います。
また、この虎は夜に吠えたり、水を飲みに抜け出すとも言われています。

其の五:柱が二本多い鐘楼
仁王門をくぐり、左手にある鐘楼。
通常四本の柱で梵鐘を支えます。
しかし、この鐘楼は六本の柱で梵鐘を支えています。

其の六:平景清の足形石
平景清の足形とも武蔵房弁慶の足跡とも言われています。

其の七:清水の舞台
樹齢四百年を越すケヤキの大木が、釘を一本も使わずに組み立てられています。

以上が、清水寺の七不思議です。

七不思議じゃなくて八不思議?

ところで、この七つ以外にも、清水寺には不思議があります。
轟門前には、水がないのに橋が架かっているのも不思議の一つ。
でもそれじゃ、八不思議になりますよね。
そうなんですよ、清水寺に限らず七不思議って実は七つじゃない事が多いです。
数ある不思議の中で、選抜して七つを紹介しています。
だから、今回私が紹介した以外の清水寺の不思議を紹介している人もいます。

清水寺は、初めてという方も何回も行った事があるという方も。
清水寺の七不思議を探してみてはいかがでしょうか?
七つ以上発見するかもしれませんが、それはそれで楽しいと思います。

~今回訪れた京都のお寺~
お寺:清水寺
場所:京都市東山区清水1
境内:300円

Popular Posts:


関連記事